ハイスペック発達障害への道

世の中の発達障害の方々が活躍できる世の中を目指して、まずは自分が頑張ります。

Googleが提供するメモプリ「Google Keep」がかなり便利!

Google Keep

Google Keep

  • Google, Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

メモアプリと言えば数が多く、私も色々なものを使ってきたけれども、この記事で紹介する「Google Keep」ほどメモ用途に優れているものはなかなか見られない。このアプリについて簡単に紹介したい。

使用イメージ(スクリーンショット)

f:id:okayama_writers:20180819085708p:plain

なお、「色分けツールバー」はChromeの拡張機能「Category Tabs for Google Keep™」を使っている。

主な機能

  • 標準テキストメモの他に、チェックリスト、画像メモ、手書きメモが可能
  • Windows、Macはもちろん、iPhoneやAndroidでも使用できる
  • シームレスな同期が容易に実現できる
  • 重要なメモにリマインダーを適用したり、最上部に「ピン留め」したりできる
  • ラベルや色づけにより分類が可能
  • 不要になったメモは「アーカイブ」にしてまとめることができる

使ってみた感想

本当に素晴らしいアプリだと思う。私にとって使いたい機能が全て含まれており、これさえあれば「Todoist」などのようなタスク処理アプリでさえも不要になってしまう。

特に、一つのメモにいくらでもラベルを付けたり、リマインダーを適用できたりするのが本当に便利である。これにより、必要なメモが埋もれてしまう心配をしなくて済むし、タスク処理の見直しも容易に行える。特に、私などのように「一つのことに集中しすぎてしまう」という特性の強い人にとっては、これほどまでに心強い機能をもつものはそうそうないのではないか。

また、機能が豊富であるのにもかかわらず、あの「Evernote」のようなもっさり感はなく、常にスムーズに運用できるのも高ポイント。メモアプリとして必要十分な機能が搭載されており、「Evernote」に見られたような無駄が削ぎ落とされ、洗練されているのだ。使いたくないわけがない。

なお、Chromeを利用している方であれば、拡張機能「Category Tabs for Google Keep™」は絶対に使うべきだと思う。色に意味を持たせることができるし、不要な色は隠すこともできてしまうので。

後はGoogleカレンダーさえあれば、タスク処理もメモも怖いものがなくなってしまうだろう。改めてGoogleの恐ろしさ、もとい素晴らしさを実感した次第だ。