ハイスペック発達障害への道

世の中の発達障害の方々が活躍できる世の中を目指して、まずは自分が頑張ります。

2018年7月16日のプログラミング修練記

結論から言えば、tk-devなるライブラリをapt経由でインストールした後に、pyenvでPythonを再インストールし直せば良い、ということらしい。

グラフを図示してくれるPythonのライブラリmatplotlib.pylab。これを利用することでPythonの数値計算等がさらにやりやすくなる、かもしれない。

使用例:

import numpy as np
import matplotlib.pylab as plt

def sigmoid_function(x):
    return 1 / (1 + np.exp(-x))

x = np.arange(-5.0, 5.0, 0.1)
y = sigmoid_function(x)

plt.plot(x, y)
plt.ylim(-0.1, 1.1)
plt.show()

なお、このライブラリをWSLで利用するときには、Xmingの起動を忘れずに行うようにすること。