ハイスペック発達障害への道

世の中の発達障害の方々が活躍できる世の中を目指して、まずは自分が頑張ります。

支援者の持つ偏見・思い込みにどう対処するか

私たちのことを支援してくださる方々も人間なので、思い込みの一つや二つ、あって当たり前というものだ。その中には、私たちにとって役に立つものもあるかもしれないが、たいていは困惑の種になるものばかりだろう。

例えば、「どのような障害者であっても我々健常者と同じような人生を歩むのが唯一の幸せである」と思い込んでいる人は本当に多い。これは言葉にしてみれば嘘っぱちだとすぐに分かるのだが、話し方や話の内容から、そのような思い込みが感じられることは決して少なくない。幸せの形は人それぞれであることは、しばしば頭から抜け落ちてしまっているものだ。

それでは、そのような思い込みに対して、私たちはどのように立ち向かえば良いだろうか。そういったことについて、このページで私なりの見解をまとめることにしたい。

どうして障害者の方が社会に合わせなければならないのか

社会のあり方に障害者の方が合わせなければならないケースは数多い。しかし、私は常々疑問に思っているのだが、どうしてそのようなことを強いられ続けなければならないのだろうか。

もちろん、私たちは一人で生きているわけではないのだから、ある程度のルールに則るということは必要だろう。しかし、そのルールの中に、健常者のエゴが混ざっているように感じてしまうことも多々ある。

現状、障害者の仕事と言えば、「健常者の合理的配慮によって障害者の仕事を成り立たせる」という性質のものだ。けれども、その考え方だとどうしても「我々健常者が配慮してやっているのだから、お前たち障害者は仕事をありがたがるべきである」という価値観がつきまとうことになりはしないだろうか。「健常者の方が優れている」という驕りが、そこには感じられる。

障害者のあり方に理解のない方ならまだしも、理解があるはずの支援者の中にもそのような考え方をお持ちの方が目につく。彼らは障害者一人一人にきちんと向き合うことなく、自分の理想上のモデルを「アドバイス」の名の下に障害者に押しつけようとするのだ。

そもそも「発達障害」自体が「既存の社会でうまくやってゆく力に欠けている」という意味で「障害」だと言うのに、どうしてそういう特質をお持ちの方々にそのような生き方を強制しようと言うのだろうか。まるで私たちはサンドバッグではないか。

支援者の言いなりにだけはなるな

支援者の「善意」ほど困ったものはない、と私は思っている。彼らはよかれと思って私たちに色々と「アドバイス」をしてくるだろうが、ほとんどの場合、障害者の価値観に寄り添ってはいない。自分の理想を勝手に押し売りしようとしているだけである。

私にも長くお世話になっている支援者がいるが、その人は「企業さんで細く長く働き続けるのが良い」という価値観をお持ちである。しかし、若い方なら既に感づいていらっしゃるだろうけれども、そのような考え方はもはや前時代的だ。しかも障害を持っている以上、就職できたとしても長期の就労を続けられるかどうかも怪しい。それよりは、私は10年経っても役に立つであろう専門スキル(具体的にはプログラミング)を着実に身につけて、それで食べてゆく方がずっと良いと思っている。だから、「細く長く働き続ける」という部分に関しては重く受け止めてはいない。

支援者はあくまで助言をしてくれる程度の存在に過ぎない。そこで、自分の言葉に置き換えて考え直し、価値観に合っていると判断できるのならば行動に移せば良いが、そうでないなら無視しても構わない。

支援者は私ではないのだから、人生の全てを肩代わりしてくれるはずはない。だから、自分で決めるべきところは自分で決めてしまって良いのである。

結局、自分の頭でよく考え、実践してみることが大事

支援者とて人間だから、間違っていることも平気な顔をして言ってくる。そこで大事なのは、お世話になっているからといって全てを鵜呑みにするのではなく、自分でよく考えることだ。

「どうしてそのようなことが言えるのか」と自問自答を繰り返すことで、自分だけの結論を導き出す習慣を身につける。そうすることで、自分の力で生きてゆけることが多少はできるようになるだろう。

もちろん、協力してもらえるところはどんどん協力してもらっても構わないけれども、必要のない部分については、最初から「要らない」と言ってしまった方がずっと良い。障害者の価値観や立場もあるのだから、できることはどんどんアピールしていった方が良いだろう。

必要なのは「障害者だからと言って支援者に頼り切るのではなく、自分でできるところはできるだけ伸ばす」というスタンスだと思う。道を切り開く上で思考力は大きな武器になる。

とにもかくにも、偏見や思い込みといった類に呑まれないようにしたいものだ。それがたとえ支援者の持つものであったとしても。