ハイスペック発達障害への道

世の中の発達障害の方々が活躍できる世の中を目指して、まずは自分が頑張ります。

桃太郎大通りの裏に並ぶ二つのラーメン屋について

f:id:okayama_writers:20180715002750j:plain

岡山駅から岡山城近辺までを結ぶ「桃太郎大通り」。その裏には、二つのラーメン屋さんが存在する。「小豆島ラーメンHISHIO」と「隠岐の島ラーメン」だ。

この近辺は駅前ということもあってラーメン屋の激戦区とも言える場所だったのだが、中でも「小豆島ラーメンHISHIO」は一際賑わっていたように思う。

しかし、つい最近になって「隠岐の島ラーメン」ができ、一躍話題になった(ちなみに前店舗はカレー屋さんだった)。

この記事では、この2つのラーメン屋で出されているラーメンについて書いてみたいと思う。

「小豆島ラーメンHISHIO」より「醤(ひしお)そば」

f:id:okayama_writers:20180715002723j:plain

こちらはオーソドックスな醤油味のラーメン。「小豆島ラーメンHISHIO」の主力商品だ。

濃厚な醤油だしが特徴ではあるが、決して脂っこさは感じない。醤油本来の旨味が活かされていて、万人受けしそうな味わいという印象が強い。真ん中に乗せてあるもろみも良いアクセントとなっている。

麺は細めで、替え玉は無料で行うことができる。思わず「もう一杯!」と言いたくなる、しっかりとした歯ごたえが特徴的な麺となっている。

「隠岐の島ラーメン」より「暖流ラーメン」

f:id:okayama_writers:20180715002615j:plain

「隠岐の島ラーメン」には主力商品が2つある。「暖流ラーメン」と「環流ラーメン」だ。そのうち、濃厚な醤油ベースの出汁に魚の旨味を凝縮させたスープが特徴的なのが、「暖流ラーメン」である。

タマネギのみじん切りが目を引くけれども、これ自体はそんなに主張が激しくない。むしろ、スープの独特な味わいこそが「隠岐の島ラーメン」の魅力ではないかと思う(「醤そば」に比べると賛否が分かれそうな感じだが)。

こちらも麺は細く、替え玉は無料で行える(当初は大盛りが有料だったが、「HISHIO」に対抗したのだろう)。麺の質はさほど変わらない。

「隠岐の島ラーメン」より「環流ラーメン」

f:id:okayama_writers:20180715002526j:plain

「隠岐の島ラーメン」のもう一つの主力商品。こちらはあっさりとしたスープに鰯やかいわれ大根がトッピングされているのが一番の特徴だ。

麺の質は上に同じで、スープの味も上2つと比べてそれほど異質というわけではないので、特にここで書くようなことはない。トッピングが特異で「インスタ映え」しそうな雰囲気があるなあ、とは感じたが。

まとめ

  • オーソドックスなラーメンが食べたいなら「小豆島ラーメンHISHIO」
  • ちょっと変わったラーメンが食べたいなら「隠岐の島ラーメン」