ハイスペック発達障害への道

世の中の発達障害の方々が活躍できる世の中を目指して、まずは自分が頑張ります。

『1984年』の感想 (1)――「思想犯罪」について

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

 これから何回かに分けて、当ブログでジョージ・オーウェルの『1984年』について書いていこうかと思う。

 作品のあらすじについては実際に本を読んで確かめていただくとして、ここでは『1984年』の根幹をなす5つの設定についてできるだけ簡潔に論じることとしたい。

  1. 「思想犯罪」(ソートクライム)
  2. 「ビッグ・ブラザー」と「ゴールドスタイン」
  3. 「ニュースピーク」(新語法)
  4. 3つのスローガン
  5. 主人公ウィンストン・スミスは結局何者だったのか

 なお、この感想では底本として旧ハヤカワ文庫版を使っているが、特に支障が無いのであれば以下の新訳版の方が良いだろう。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

作品紹介

〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったことを契機に、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが……。(Amazon.co.jpの商品ページより)

本論(ネタバレ注意)

主人公ウィンストンのささやかな反抗

 この恐るべき作品は、主人公であるウィンストン・スミスが日記を付けようとするところから始まる――とだけ書けば、何と言うことはない出だしだ。しかし、あろうことか、彼が住んでいる国家「オセアニア」において、日記を書くことは禁じられているのである。それはその国が全ての記録の類を管理しているからで、いざという時には改竄することも辞さない。整合性の合わなくなった発言には修正が入るし、何らかの事情により「消えてしまった人」は文字通り「最初からいなかったもの」として扱われてしまう。

 日記を付けることは、すなわち体制側(「党」)の手の届かないところに記録を残すことである。 少なくとも、この作品においてはそのような役割を果たしている。もし後で記録文書等を改竄しようとしたところで、日記までを改竄できるわけではない。だからこそ、「党」のやることなすことに疑問を抱きつつあったウィンストンにとって、日記は願ってもない反抗の手がかりになるのであった。最初こそ躊躇していたものの、それからは何とか書き続けるようになっていっている。

 ウィンストンは「日記を書いている」という事実を秘匿しつつも、何かと問題の多い「社会」の成り行きを見守ろうとしている。その際、「反社会的」な意見を耳にしても、特に深く突っ込みを入れるということがない。外での彼は沈黙を押し通すことが多く、余計なことはなかなか口にしない。というのも、国が良しとしている考え以外を抱こうとするだけで「思想犯罪」という罪に問われてしまうからだ。

 この「思想犯罪」は「オセアニア」では大いなる罪とされている。一度犯してしまえば、本来は死刑を越える処罰を受けることとなる。実際、それによって何人もの人が刑務所(作中で言う「愛情省」)送りになり、「適正な処罰」を受けてしまっている。しかし、ウィンストンがなかなか捕まらなかったのは、「思想犯罪」を犯した人を捕らえる「思想警察」の監視の外で日記を付けていたからに他ならない(ただし、実は泳がされているだけだったようなのだが)。

 こうして彼は、日々コツコツと「オセアニア」に対する反抗(犯行)を繰り返しつつ、静かに反撃のチャンスを窺っていた。しかし、ジュリアという女と出会うまでは、物語は急転することなく、ただ日記を書きながら実に退屈な日々を過ごすだけであった。

「思想犯罪」に対するカウンター

 ところで、彼が作中で書き残した日記のうち、以下の文章は見事に本質を捉えている。

自由とは二足す二が四になると言える自由だ。これが容認されるならば、その他のことはすべて容認される。

 たとえ「党」が「二足す二」が「五」であるという旨の発表をしたとしても、「二足す二」が「四」である、と言える権利までが奪われることはない。ウィンストンは「自由」をこのように解釈している。

 ウィンストンの主張したいことは間違っていない。それどころか、少なくとも「思想犯罪」に対する大きなカウンターとなっている。というのも、「思想犯罪」の意味するところは国家ぐるみでの言論封殺もしくは言論統制だからだ。 ここで一つでも「思想犯罪」の例外を作ってしまえば、「思想犯罪」の効力はたちまち消え失せてしまう。彼はこのことを分かっていて「その他のことはすべて容認される」と書いたのではないだろうか。

「思想犯罪」の制度が辿るべき末路

 ウィンストンはまた次のようにも書いている。

思想犯罪は死を伴わぬ。思想犯罪は死そのものだ。

 これも決して軽く見てはいけない言葉だ。「思想犯罪」という制度が行き着くところを端的に示唆している、と私には思える。

「思想犯罪」という制度により、「オセアニア」の人間は「自由」な思考をすることができなくなっている(もう一つ「新語法」という大きな要因があるが、それは後述する)。もしその犯罪をしていると「思想警察」から見なされてしまったら最後、それが意図的だろうとそうでなかろうと、「再教育」を受けることになる。場合によっては主人公と同じ道を辿ることになるのだろう。

 そうなると、「自分で考える」という極めて人間的な行為ができなくなってしまい、国家や組織に服従せざるを得なくなってしまう。また、新しい考えを生み出す機運が全くもって起きなくなる分、国家という巨大組織の進歩も止まり、大きな損失となって返ってくる。

 そういった意味で、「思想犯罪」は個人単位でも組織単位でも結果として死を招くこととなってしまう。この犯罪は死を伴うことはないが、しかし行く先は「人間としての死」なのだ。

「思想犯罪」はそこら中にあふれかえっている

 現在は「言論の自由」「表現の自由」が日本国憲法上保証されてはいるが、この事実をまるで無視しているかのような出来事が日夜繰り返されているように思う。特にこれはTwitterやFacebookなどのSNS、あるいははてなブックマークのようなソーシャルブックマークで顕著だ。

 先ほども出したように、ウィンストンは「二足す二が四である」と言えるのが自由だ、と書いている。それに対し、「党」側の人物であるオブライエンは「二足す二」が「五」と言えるようにならなければならない、という教育を彼に施そうとしている。もし「五」と言えるのでなければ、国家の人間としては一切の権利が認められないという塩梅だ。

 我々はオブライエンと同じことを常日頃からやろうとしている可能性がある、ということを自覚しなければならない。「ラーメンは醤油味でなければならない、その他一切のラーメンは認められない」と同じようなことを本気で思っている人がどれだけ多く見かけてしまうことだろうか。自分の気にくわないものを全て排除しようとすることこそが「思想犯罪」なのである。現在の法律では犯罪にこそならないが、しかし大きな罪を犯していることに変わりはない。

 逆に、「二足す二」が「四」と言って良い、ということを認めるのが「言論の自由」に他ならない。 この自由は言論封殺や思想統制のためにあるのではなく、むしろ自由な議論を促し、国家として進歩しやすいようにするために設けられているのだ。だから、自分たちの気に入らない主張を見かけるときも、制度がうまく機能していると言えるだろう。「言論の自由」を保証している以上は、そういったものも存在するということを認めなければなるまい。

「気に入らないから排除しよう」という、「思想犯罪」を無理矢理作り出そうとする流れだけは、もう止めにして欲しい。

新サイトのご案内および今後の当ブログについて

 ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、現在、私(稲葉幽助)は、以下のサイトの運営に注力している最中でございます。

 そのため、当ブログの更新は当分の間スローペースになります。具体的には、一ヶ月に1回から2回程度の更新を予定しています。

 また、従来は小刻みな文章が多かったですが、今後、当ブログにおいては長文記事がメインになることが予想されます。「ブログだからこそできること」を模索してゆくとともに、ブログというメディアの利点を最大限活かせるように尽力してまいります。

 

 それでは、簡単な挨拶となりましたが、これからもよろしくお願いします。

お仕事のご依頼を受付開始しました

 上記のページにて、お仕事のご依頼等を受け付けるようにいたしました。

 

 現在、受け付けているのは以下の内容です。

  • 発達障害の方々の日常生活についての記事の執筆
  • HTML / CSS / JavaScriptの初歩的な内容についての記事の執筆

 

 また、「発達障害に関するお悩み・お困り事のご相談」も併せて受け付けるようにいたします。これは、いただいたお悩み事について、答えられる範囲で当ブログにて回答するというものです。気が向いたときにご利用くだされば幸いでございます。

 

 皆様からのお仕事・ご相談、心よりお待ち申し上げております。

マストドン(mstdn.jp)始めました

 Twitterに張り付いてばかりいるのも少々嫌になってきたので、マストドンに移住しようかと考え、試験的にアカウントの運用を始めることにした。以下がそのアカウントになる。

 マストドンの方が私にとって良いツールであるという判断材料が揃えば、Twitterの利用者の方には申し訳ないけれども、完全にマストドンの方に移住をしようと思っている。逆に、マストドンはやっぱりダメだと感じるならば、Twitterに戻るのみである(他にSNSライクなツールがあれば別だけれども)。

 インスタンスについては、特に「pawoo」などにこだわる理由もなかったので、「mstdn.jp」を選択した。もしかするとインスタンスを変更することになるかもしれないが、現状ではその予定はない。

  ともあれ、どこまで運用できるかは時と場合によるだろう。ただ、できるだけマストドン特有の機能を活かせるようにしたい。特に、発言「トゥート」によって公開範囲が指定できるというのは大きいので、存分に活用したいところである。

 

2018年8月の読書メーター

総括

 ビジネス本から漫画まで、実に色々なものが読めた一ヶ月だったと思う。ただし、読んだ期間が比較的時間のあった下旬に集中していて、上旬においてはほとんど手つかずだったのは、ちょっと反省したいところである。

 ただ、これである程度ペースを掴めた感じはしている。これを機に、今月もしっかり本を5冊以上は読んでいきたい。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

  • いわゆる「団塊世代」と今の20代、30代がそれぞれ持っている価値観はそもそも異なるのだし、変化のめまぐるしい時代なので、働き方も変わって当然、という話。/自分の「好き」を磨いてゆくとともに、世の中が何を求めているかをじっくり観察できる能力を鍛えてゆくところが、これから求められるのかなあ、と。「好き」でなければ、没頭できなければ、今の時代、仕事を続けられるかというと、ちょっと怪しいところがある。/変化についてゆくヒントの一つ:「信頼」。信頼のやり方を磨き、身につけたい。
  • 読了日:08月27日 著者:尾原 和啓
  • https://bookmeter.com/books/12287672
モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

 

 

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

  • 借り物。主人公の過剰なまでの意地っ張りな部分が少々気に障るものの、どういう背景からしてそうなっているのか気になるので、これからの展開に期待したい。読む方も書く方も才能はあるようだけど、これからどういう事態を引き起こすのだろうか。
  • 読了日:08月26日 著者:柳本 光晴
  • https://bookmeter.com/books/9257937
響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

 

 

空が灰色だから5(完結)(少年チャンピオン・コミックス)

  • なんか何でも無い日常的な話が続くなあって思ってたけど、最終話でやられた。あんなのってないよなあ……。素直になれない頃合い、思春期のもどかしさがよく描かれている。
  • 読了日:08月26日 著者:阿部共実
  • https://bookmeter.com/books/6450493
空が灰色だから 5 (少年チャンピオン・コミックス)

空が灰色だから 5 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

こうすれば必ず人は動く(文庫)

  • 他人と付き合う上での原理原則集。実例も内容に即していて実に分かりやすくまとまっている一冊。他のビジネス本を読むくらいなら、この本をじっくり読み込んで実践し、体得していった方が実に良い。/「分かっちゃいるけど実践できない」と諦めることなく、一つずつで良いから実践してみること、それが一番大事なんだろうな、と思う。
  • 読了日:08月22日 著者:デール カーネギー
  • https://bookmeter.com/books/9808227
こうすれば必ず人は動く

こうすれば必ず人は動く

 

 

すごくやさしい決算書

  • 簿記の基本は分かっていても、実際に決算書をどう読んだら良いか分からないところはあったので、この本が一つの指針を与えてくれて良かったと思っている。少しは会社の状態が把握しやすくなった気がする。
  • 読了日:08月20日 著者:リベラル社
  • https://bookmeter.com/books/6787287
すごくやさしい決算書 (リベラル社NEWビジネス書シリーズ)

すごくやさしい決算書 (リベラル社NEWビジネス書シリーズ)

 

 

自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)

  • 「あの人はもしかすると自閉症スペクトラム(ASD)かな?」と思った時にまず初めに読むべき本。当事者が読んでも十分に役にたつけれども、それ以上に、ご家族や支援者の方々にお手にとってほしい。この本に書かれてないことすらできていない人があまりにも多いように思う。/個人的には「自閉症スペクトラム」という特性だけで障害と断ずるのは良くないと思っている分、十分腑に落ちる。本人が障害と思えば(そして実際に不利益が生じているのならば)、それは障害なのだ。
  • 読了日:08月20日 著者:本田 秀夫
  • https://bookmeter.com/books/6494705
自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)

自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)

 

 

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

  • 絵の描き方というと、どうしても感覚的な解説に終始しがちなものであるが、これは簡単な図形に分割するところから始まっていて、解説も論理的で分かりやすくなっている。こういうやり方なら私でも絵が描けそうに感じる。ワークを繰り返してある程度描けるようになったら次のステップに進みたいところ。
  • 読了日:08月20日 著者:OCHABI Institute
  • https://bookmeter.com/books/12714591
線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

 

 

空が灰色だから 4 (少年チャンピオン・コミックス)

  • この巻では、学校の屋上におけるお化けの話が特に印象に残ったかな。それにしても、巻が進む度にマイルドになってきて、良くも悪くも刺々しさが薄れてきている印象。
  • 読了日:08月20日 著者:阿部 共実
  • https://bookmeter.com/books/5802432
空が灰色だから 4 (少年チャンピオン・コミックス)

空が灰色だから 4 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

優れたリーダーはみな小心者である。

  • リーダーは最終的にはチームの責任を全て背負う必要がある。そこで、権力を前面に出してメンバーを脅すのではなく、風通しの良い雰囲気を作り出すと共に、チーム内で起こる物事に敏感である必要がある、ということ。/全体的には並のリーダー論の域を出なかったので、あまり心には響かなかった。知識の再確認にはなったことだけでも良しとすべきか。
  • 読了日:08月17日 著者:荒川 詔四
  • https://bookmeter.com/books/12298539 
優れたリーダーはみな小心者である。

優れたリーダーはみな小心者である。

 

 

小さな店でも大きく儲かる出前・宅配・デリバリーで売上げ・利益を伸ばす法 (DOBOOKS)

  • ちょっと面白そうなので読んでみた。やはり最終的にものを言うのは、他のサービスとどのように違うのかを説明できなくてはいけないというところ、そして、お客様とどのようにコミュニケーションをとるかというところ、そこに集約されるのかな。/せっかく集めたデータを活用せずに腐らせておくというのは、確かにもったいない気がする。これは宅配事業以外にも言えることかもしれない。
  • 読了日:08月17日 著者:牧 泰嗣
  • https://bookmeter.com/books/11253291
小さな店でも大きく儲かる出前・宅配・デリバリーで売上げ・利益を伸ばす法 (DOBOOKS)

小さな店でも大きく儲かる出前・宅配・デリバリーで売上げ・利益を伸ばす法 (DOBOOKS)

 

 

 

多動力 (NewsPicks Book)

  • 一つのことに傑出した才能が見いだせないのであればこそ、色々な方面のことについて興味を持ち、情報を掘り下げてゆくことが大事になるわけで、そのために限られた時間をどのように活用するかという大問題に対し、真剣に向き合う必要がある。これからの時代、このような「自分本位」の哲学は今日からでも実践する必要があるわけで、今日からでも少しずつ実践していきたいと思っている。
  • 読了日:08月16日 著者:堀江 貴文
  • https://bookmeter.com/books/11868439
多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)